Enjoy Blog Life

風花式 蘭のブログ Love’s Witnesses

Enjoy Blog Life > 海猿映画「BRAVE HEARTS 海猿」感想

海猿映画「BRAVE HEARTS 海猿」感想

海猿映画「BRAVE HEARTS 海猿」

「海猿シリーズ4作目」


特殊救難隊の隊員となった「仙崎大輔」と
「吉岡哲也」。


大輔のバディの吉岡は、恋人である
キャビンアテンダントの美香にプロポーズをしたが、
「結婚に興味がない」と断られてしまう。


あるとき、シドニー発羽田行きのジャンボジェット機の
エンジンが爆発炎上し、いろいろな案が検討された結果、
東京湾に海上着水するということになる。

そのジャンボジェットには、吉岡の恋人の美香が
乗務員として乗っていた。


海上着水したジャンボが、海に浮いていられる
時間は20分。


20分以内に、乗客乗務員を含めた346名を
救出しなければ、ジャンボ機は水深60mの
海の底に沈んでしまうことになる。


「全員を救いたい」と願う大輔と吉岡の
命を懸けた救出が始まる。


しかし、吉岡は美香を救出したときに自分が
機内に閉じ込められてしまい、そのまま
ジャンボジェット機とともに海中に沈んでいく。


せっかく346名を全員助けながら、特救隊が
犠牲になるとは・・。

助けられた乗客も仲間も嘆き悲しむ。


陸では吉岡のもと上司でもある「下川」も
絶望と悲しみに愕然とする。


そんな時、大輔が「吉岡を探しに行く」と、
潜水許可を依頼する。


吉岡の運命は・・・。


BRAVE HEARTS 海猿」を見た感想。


この映画は映画館でも見ました^^


昨年の9月です。


ジャンボジェットが海上着水するシーンは
本当にしているようなすごい迫力がありました。


一番感動したところは、吉岡が恋人を助けたあとに
「美香幸せになれよ」と涙をこぼしながら沈んでいくシーン。


私は吉岡と大輔の掛け合いがとても好きですし、
吉岡のファンです^^


その吉岡が死ぬのでは・・・そう思っただけで
悲しくなりました。


大輔はこれまでも2人のバディを失っていました。


吉岡には助かって欲しいと思いながら祈るような
気持ちでみていました。


そして、ジャンボと共に沈んでしまった吉岡を
助けに大輔が海に潜っていくのですが、
対立していた副隊長の島も大輔と共に
海に飛び込んでいくのです。


大輔が機長を助けるシーンも感動ものです。


この「BRAVE HEARTS」とは、勇気ある心を
持つ人たちのことだと
思います。


大輔のように絶対に人を助けるという信念をもち、
苦難をものともせず、海に飛び込んでいく潜水士たち。

人名救助は大切ですが、潜水士が巻き込まれそうに
なるなら、撤収もやむを得ません。

撤収」を決める勇気

しかし「撤収」命令が出てもなお助けようと
する諦めない心を持った大輔たち。

家で夫の無事を祈る妻。

海上着水という前代未聞の難関に挑む機長の勇気

すべての勇者を表していると思いました。


このDVDはアマゾンで買うことができます。


私が購入したDVDは特典として、台本のレプリカ版がついてました。

そのほかにも「未公開シーン」「ロールナンバー」「キャストインタビュー」など。


たくさんの特典がてんこ盛り。



海猿 BRAVE HEARTS

話題のFXをマスター